通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2007年12月16日

カフェオレパワー

いつもよりも眠気がきていないのはきっとカフェオレの力です。
SPを集中して見ることができました。

以下、続きです。

-------------------

× × ×

「―――、―――…。」
無意識の内に、私の口は言葉を発した。
けれど、走り続けてきた私の呼吸は荒くて、何と言ったのかはわからない。

それにしても、ここはどこだろう。
無我夢中で逃げただけで、目的地などなかった。
いつの間にか、深い森の中にいたのだ。

「こんな森、あったんだ…。」
呼吸が整ってきた私は、今度は意識的に呟く。
この辺りに森があるだけでも驚きなのに、ここはとても綺麗だ。
学校や家で味わう孤独感を、一気に払拭してくれている気がする。

でも。
なんだろう、この悪寒は。
後ろから迫ってきて、私を捕まえようとしている。


私はそれから、逃げなくちゃいけない。


私は走り出す。
目的は、やっぱりどこにもない。


× × ×


--------------------

以上!
ここまででルーズリーフ2.8枚分くらい。
終わりが少しずつ見えてきました。
posted by 爽川みつく at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック