通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2007年11月17日

明日への考察

勉強と小説、どちらが大切か。
それは勿論、小説。
楽しいし、勉強よりも断然集中できる。

じゃあ勉強と小説、どっちが大事か。
そう言われたら私はきっと勉強と答える。

いつか小説を投稿してみたいなんて考えるけど、現実問題、テストばかりの学校がある以上、それは無理にも等しくて、なによりも成績が下がってしまう。
大学に行かないと就職は難しいらしいし、せめて大学まで行きたいと思う。
そうすると当然、創作に費やす時間が減っていく。

毎日は暇なふりして忙しい。
予習に消えていく自分の時間。
テレビを見て無駄に時間を浪費する自分。

もっと時間があればいいなんて我儘は誰でも言う。
自分だけじゃない。

当たり前にみんなが悩みそうな事を当たり前に悩んでいって、黒いモヤみたいなものが生まれる。
そんな当たり前の自分もどうにも嫌い。

決まった規則に周囲との協調を強いられる。
普通じゃないと浮く、とか。奇妙な疎外感。
自分の価値観と食い違う現実。


いっそのこと、目の前の現実全てを破壊しつくして「お前らなんか嫌いだ!」って言ってどこかずっと遠くに行ってみたい。


以上、テスト前の現実逃避。
携帯からだと文字数これで限界。
posted by 爽川みつく at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々にコメントしてみますが。

私の個人的な意見に過ぎないので右耳から左耳へと流してくれて結構です。
時間とかホント過ぎ去るように消えていって短い短いと思いますよね。
でもその限られた時間が勉強で消えていくのがいいことだとは私は思いません。
テレビを見て、創作活動をして、パソコンいじって消えていく時間が無駄だとは思えません。
なんだか意味が分からない日本語になってしまいましたが要するにどこに重点を置くかが問題なんですよね。

本当に意味不明な日本語ばっかりでごめんなさいorz
国語頑張りますわ。
では〜
Posted by 桜屋 at 2007年11月18日 21:39
質より量、といいますかなんというか。
いい日本語が見つからないのですが、つまりはそんな感じなのかもしれませんね。
自分の納得がいくように時間を有効活用できれば、それはそれでいいのかもしれません。
突き詰めていってしまえば、所詮は自分の人生ですし。

返事が遅れてしまってすいませんでした。
コメントありがとうございます。
Posted by 爽川 at 2007年11月22日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック