通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2018年06月27日

かたるカタル語る

今日はRADのライブに参戦してきました!
詳細は後日差し替えで更新します。

……というわけで、以下、後日差し替えの内容となります。
もうツアーは終わっているし大丈夫かとは思うけど、DVD派の人とかのために警告は出しておきます。

※この記事は、「RADWIMPS Road to Catharsis Tour 2018」のセトリのネタバレが含まれます※
※ネタバレ回避したい方は、ブラウザバック推奨です※



この日はきっちり休暇を取って、余裕をもっての参戦にしました。
開始時間を見れば、午後休でもワンチャン行けたのですが、まあうん、疲れてたんですよ。
ライブに行くための英気を養う時間があっても良いと思うの。

そんな感じで、午前中はゆっくり過ごして、いざ神戸へ。
何気に神戸は初上陸となるので緊張していた爽川さん。
先月のMiliライブのこともありましたし、絶対に梅田で迷子になる自信があったのですが、思いの外すんなり乗り換えができて、本人が一番びっくりだよ(震え)

するすると乗り換えに成功し、予定していた時間に無事到着しました。
まあ終盤は、ライブグッズを身に着けてる人を目印にしていた感はありましたけれどね。

ROCT1

ちなみに上の写真は、最寄りの駅に着いたは良いけどどこから降りたら良いのかわからなくなってうろついているときに撮ったものです。
結果的に良いアングルで撮れたから良しとします←


RTCT3

例によってライブグッズは事前注文して会場受け取り。
Tシャツと、タオルと、ラバーバンド。
ラバーバンドだけ事前に購入できなかったのですが、会場で買うことができて良かったです。

グッズを買ったあとに、ちょっと遅めのお昼をば。
近くのカフェに入ったのですが、会場近くということもあって、RADファンばかりでしたね。
みんな考えることは同じなのだ……。

お店の混雑具合も結構なものだったので、食事が済んだら即退散しました。
そのあとは、特設コーナーの展示とかを眺めたり、着替えたり。
それでも時間が余ってしまったから、近くの広場で一時間くらいぼーっとしてましたね。
曇っていたから外にいても平気でしたが、これ、カンカンに太陽が出てたら死んでいましたね……。

ともあれ、そろっと時間だろうという頃にライブ会場へ。
今回はスタンド席のチケットが取れていたのですが、まあ待機列が見当たらない。
スタンディングのほうは細かく集合場所があったのですが、スタンド席は「会場の裏手へ」っていう看板がひとつあるだけで、具体的にどこへ行けという指示はなかったです。
どこに集まれば……とうろうろしているのは、しかし私だけではなかったので、うん。
いつもスタンディングだったので新鮮に思えたのは、スタンド席は子供連れが多いということ。
子供を連れてスタンディングは不可能だからそれは当然のことなんですけれど。
たぶんあれ、親がファンで、子供も連れてきた感じなんだろうなあ。
それを思うと、時の流れが残酷過ぎてやばいなって思いました(小並)

RTCT2

そういや、うろうろしているときに、くわバーガーを見つけたんですが。
あれ、事前申し込みでしか食べられないという情報を聞いていたのに、いざ会場に来てみれば直接購入も可能になってて、ちょっとぐぎぎってなりました。
それさえわかっていれば、カフェには行かなかったのに……!

ちょっと文句が多めでしたが、無事に会場へ入り、自分の席へ。
私の席はステージが正面に来るような、一番真後ろの位置でした。
ライブに行くときはいつも「生歌が聴ける」くらいのスタンスで行っているので、まあこれくらいは気にしない。
高い位置から、次々に会場へ人が入っていくさまを見るのは、なかなか楽しかったです。

そして、会場に人が入りきり。
注意事項のアナウンスが流れ、照明が落ち。
満を持して、ライブが始まったのでした。

1曲目はなんと「AADAKOODAA」!
最初から飛ばしまくってるううううう!
そして、その次に「One man Live」!!!
この曲が聴けると思ってなかったから、むちゃんこテンションが上がりました。
だってこの曲、私が高校生のときに発表された曲だよね……?
古参ホイホイかと思ってたら、「ます。」「ふたりごと」「遠恋」「俺色スカイ」とかいう怒涛の展開でした。
特に「俺色スカイ」は、この2018年に聴けると思っていなかったので、イントロで死んだ(語彙力)
あと「遠恋」での武田さん桑さんによる恒例の演奏バトルが復活してて嬉しかったです。

あと「やどかり」は、前に行ったライブを思い出してしまいましたね……。
さとしさん……復帰待ってます……。

そのあとは、映画のサントラより「秋祭り」。続いて「スパークル」。
本当に綺麗な曲ですなあ。

でもって「おしゃかしゃま」。めちゃんこ楽しい。大好き。
この曲のあとだったか、一番うしろの機材スペースに野田さんが登場した気がする。記憶が曖昧。
人間開花のときもそうだったから、今回もあるのかなあと期待していたところはありました。
いやあ、むっちゃ手を振りましたよね。たとえ野田さんの背中しか見えていなかったとしてもね。

「カタルシスト」「洗脳」と、ニューシングルからの曲もありました。
そして「週刊少年ジャンプ」「HINOMARU」と、しっとりめの曲。
特に「HINOMARU」についてはデモの話まであったくらいだし(神戸1日目はマジでデモがあったらしい?)、どうなるかなあと思っていたのですが。
生で聴くことができて良かったです。
捉え方は人それぞれだろうけど、思想によって子供の聴きたい曲を否定するのは駄目だよなあ、とは思いました。
いつもライブの画面には演奏しているメンバーが映っているのですが、この曲だけは歌詞が映し出されていましたね。

んで、「トレモロ」「いいんですか?」の安定っぷりですよ。
照明は綺麗だし、いつもの掛け合いもあるし。楽しい。すごく楽しい。
そして「君と羊と青」!
ここでも、いつもの掛け合いがあってむちゃんこ楽しかった。
「関西はうるさいだけが取り柄でしょ!」は愛ある暴言ですな←
野田さんの段取りをいとも簡単に崩す関西人達であった。

そして、アンコール待ち。
例によって「もしも」をみんなで歌いながら待っていたんですが。
いやあ、スマホでのライト点灯、マジであるんだなって思いました。
どうやら他のアーティストのライブでは公式が推奨してるし、それを見てアーティストが「きれい」って言ってたとかいう例があるらしいですけれど。
RADのライブでは公式からそういう指示はなかったし、なんだったらライブ前に広場でファンの人が「アンコール時のスマホのライト点灯はやめましょう!」って注意喚起しているのも見かけていたのでな……。
他所の慣習を持ち込むのはちょっと……、と古参の婆は思ってしまうよ。
普通に眩しいだけで、照明さんとかが舞台を演出し作り上げている中でこういうことをするのは、私は嫌だなって思った。

ともあれ、メンバーが再登場。
アンコールは「有心論」!
何回だって言うけど、RADを好きになったきっかけの曲なので、ライブで聴く度に言い表せない感情がぶわっと湧き上がります。好き。
アンコール2曲目は「DADA」。
あっという間に終わってしまった、という感じ。
MC中、今年の1月くらいに突発的に「やろう!」となったツアーらしいですが。
昔の曲もたくさん聴けて、素晴らしいライブを、楽しい時間を、本当にありがとうございました!!

今回、初めてのスタンド席からの参戦でしたが。
スタンディングにいるよりかは体力を温存できたなって思いました。
母が最近ライブに興味が出てきたようなので、次回以降にスタンド席が当たったら母を誘おうかなあ、という感じ。
荷物とかもある程度なら持って入れるから、楽ではあるし。
ライブでははしゃぎ倒したい性分なので、私はスタンディングのほうが好きだなあ。

なお、帰り道は見事に梅田ダンジョンで迷子になったことをご報告いたします。
歩けど歩けど目的の駅に辿り着かなくて、すげぇ怖い思いをしました。
posted by 爽川みつく at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: