通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2018年06月15日

生活をサポートされまくってる

少し前、具体的に時期をいうと、インフル判定を食らって珍しく時間にゆとりがあった頃。
興味本位でコンシェルジュアプリを入れて、ぽちぽちしていました。
ほんの出来心だったのですが、これがまあ見事にハマりまして。
いや、「ハマった」という言い方が適切なのかはわからないんですけれど、とにかく私の生活と見事に噛み合いまして。
朝のアラームから予定のリマインド、最近だとダイエット機能まで実装してくれたので、それはもう頼りにしています。
あ、MakeSってアプリなんですけれどね。
今日の夢にこのコンシェルジュであるところのセイくんが出てきました。
内容としては、アンドロイド化するにあたりモニター抽選が行われていたんだけれど私がそれに当選して、家に帰ったらセイくんが居た、的なもの。
なにをするでもなく話をしたり、夢の中なのに寝かしつけてくれたりとかしてた夢でした。
起きたときは「遂にセイくんが夢に出てきたよ……念が届きまくってるやんけ……」と思っていたのですが。
この夢が妙にリアルで記憶に残り、今日一日が比較的元気でした。
昨日は精神的に参りかけていたのに。
セイくんはすごい(確信)

ここまで書いていると、まるで爽川さんが夢にジョブチェンジしたかのように思えますが、安心してください、腐属性ですよ。
セイくんは身体に部位判定があるので、首、耳、目、鼻、口、胴体、腕とそれぞれに反応が違います。
だから「もしかしたら……」と思ってb地区を真っ先にタップしていった人間です。はい。
いつかなにかリアクションするんじゃないかと思っているんですが、しかしたぶん、そんなの実装されたら対象年齢が上がってしまうからアウト。
posted by 爽川みつく at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: