通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2018年06月08日

確定したひとつの未来を前に

今日は後輩(先輩)さんと、下半期デスマーチ業務の計画を立てておりました。
去年に一度やったデスマーチなので、それを参考に改善を加えていくつもりではあります。
しかしながら、そろっと一巡しようかという今、改めて12月から3月にかけての業務内容を振り返ってみると、よくもまあ、ほぼ不在だしいても事故しか起こさない責任者と、一年目の私の後輩(先輩)さんとで乗り越えられたものだと思いますね。
今年度も無事に乗り越えられると良いなあ(なお今年度は責任者は完全に不在の線が濃厚)。

いま思えば、ジムを始めてからぐんぐん体重が落ちて行っていたのも、単純にこのデスマーチによってやつれていただけ説もある気がしてなりません。
それ以外にも冬だったからとか、いろいろ考えられはしますけれども。
絶対に要因のひとつに噛んではいる(確信)

そんなわけで、秋口くらいから爽川さんの目から光が消えていくことが予想されます。
だからこの夏を存分に楽しんで充実させて、冬は余韻で生き抜くんだあ……。
posted by 爽川みつく at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: