通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2018年02月18日

週末が終わっていく

あっという間に休日の終了です……。
いやさ、勤務開始から半年以上が経過したから、有給を取ろうと思えば取れますけれど、常に人手の足りないこの状況下では、よほど大事な用事でもない限りは休みなんて取れなさそうなんですよねえ。
ずっと忙しい感じ。
まあ現状、後輩(先輩)さんと私で運営している面もあるからね……主任の出勤率が低いからね……仕方ないね……。

閑話休題。
主にTwitterで流行っていた「#魔女集会で会いましょう」タグがTLに流れまくってきた結果、性癖にがんがん突き刺さり、滾った結果、ひとつ短編を書きました。

『心が読める不死身の魔女と色のない嘘吐き少年』
Pixiv版はこちら    カクヨム版はこちら

内容は同じですので、お好きなほうからご一読いただければ幸いです。
タイトル通り、心が読める不死身の魔女と色のない嘘吐き少年の話です。よろしくお願いいたします。

以下は後書的なぼやきですけど。
爽川さんは本当、こういう殺伐とした男女関係を書くのが好きだなって思いましたね(小並感)
現在毎日更新中の『K#ヌ』もそうですけど、歪んだ愛情表現が好物なのでね。
そういった要素は『しろくろ』でも『三角刀』でもありました。
そしてこれからもこういう感じのものをたくさん書いていくと思うので、よろしければお付き合いください。
posted by 爽川みつく at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: