通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2016年09月30日

通行人程度の存在感で良い

今日も今日とて仕事終わりにセーブオンに寄ってきました。
明日から連休ということで、酒のおつまみをいくつか持ってレジへ行き、今日はカフェラテを頼もうと思ってメニューに目をやります。
しかしそのメニューは昨日、店員さんから直々に「新しくなりました」と言われたそれ。
思考ゼロの注文とはいかないので一旦きちんとメニューを見るわけですよ。
私はいつも注文する際に指で刺しているんですけれど、その指先が一瞬だけぐるぐると空を描いたのを店員さんは見逃しませんでした。
「あ、今日機械の調子が悪くてミルク出ないんですよ」と。
私がカフェラテを頼もうとしていたのを先回りするように、そう言ったのでした。
「だからこれ(カフェラテとかカプチーノとかカフェラテ)は提供できないんです」

……いやあ、確かに、確かにね?
いつも私は週の前半はコーヒーで、後半、しかも金曜日はお疲れの意味も込めてカフェラテとかカプチーノを注文してますよ。してますけれど。
ここまで把握されていたっていうのは予想外でしたよね。

いやうん、店員さん側の気持ちもわかるんだ。
私もなんだかんだで接客業をしてますからね。
クレーマー以外の、なんの害のないお客さんでも、定期的に来る人の顔やら注文内容は覚えてしまうっていうのはわかるんだ。
私も、あんまりにも忙しいときは先回りしちゃいますし。
でもコンビニでのコーヒーなんて買う人は不特定多数いるだろうに、ここまで把握されていたっていうのが驚きなわけで。
他人に自分を把握されているっていうのは、なかなかどうして居心地が悪いものですね\(^o^)/
まあ、だからと言ってあのコンビニに行くのをやめるとか、そういう話にはならないですけれども。
コーヒーもカフェモカも好きですし。
なにより、帰り道にセーブオンはひとつしかないですからね。

今に始まったことではなく昔からではあるけれど、あんまり面識ない人にもがっつり顔を覚えられてることがあるんだが、私はそんなに無意識のうちに人の目につくような行動をしているのだろうか……。
posted by 爽川みつく at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: