通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2016年08月19日

長く苦しい戦い

朝から、違和感はありました。
違和感というより、予感と言ったほうが正確かも。
具体的に身体に影響が出ていたわけではありませんが、長年の経験から「あっ、今日これお腹痛くなるな」と察していたのです。
そしてそれは見事に的中し、腹部が痛みだしました。
よりにもよって、接客せにゃならん時間帯に。
これが耐えられるレベルのものであれば1時間ほど気合で我慢して、事務時間にトイレに籠ろうと思っていたのですが、まあ無理だったよね\(^o^)/
なにせ、電話に応対しているときの自分の声が死にかけでしたからね……。
しかしながら、トイレに駆け込んでも解決しないレベルの腹痛は本当に久しぶりでした。
午前中はずっとお腹が痛くて死にかけてたし、午後もぼんやり腹痛の名残で気分が悪かったし。

原因はなんだろうと考えているんですが、明確にこれというものが思い当たらないんですよぬ。
先日からざわざわしているホルモンバランスの所為なのか、昨日辺りの夕飯が原因なのか……。
前者であれば諦めるほかないですが、後者だとしたら、祖母が昨日作ってくれた「朝作って余ってた味噌汁(保存状態は不明)」しか考えられないんですが、それは……。
posted by 爽川みつく at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: