通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2016年07月20日

脳内メモリ

学生やってた頃くらいまでは、たとえ朝一番に思いついたブログのネタでも、しっかり夕方まで覚えていられました。
ニート期間中は、まあほかにすることもないから忘れること自体が稀。
現在、こうして労働に身を費やしていると、朝に考えていたことなんて帰宅する頃には忘却の彼方ですね(白目)
いやあ、本当に、全然思い出せない。
とっかかりもなにもなくて、大枠すら思い出せません。
季節の話だったのか、日常ネタだったのか、考察ネタだったのかさえ不明。
スマホにでもメモっておけば良いんでしょうけど、スマホを使い始めて2年が経つ今でもまだ文字入力は不得手ですから、結局サボってしまうんですよね。
スマホに長文を打ち込んでいる間に考えていたことを忘れてしまう、みたいな感じ。
こういう日常を過ごしていると、どれだけ仕事に脳内メモリを持っていかれているかってのをまざまざと見せつけられた感じがして、非常に気持ちが悪いですね。
私だけど私じゃない私が昼間は私を動かしている、みたいな。

仕事に慣れて心にゆとりが出てきたら、ちょっとくらい雑念が入っても仕事ができるだろうかとか考えていた頃がありましたが、いやはや、それは夢のまた夢ですね。
仕事でさえ、こまめにメモとかリマインドをつけないと、すぐに指示内容を忘れてしまうのが現状です。
もとより記憶力は悪いほうですが、最近どんどん悪化している気がするぞ……ひええ……。
posted by 爽川みつく at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: