通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2016年06月04日

強くなって帰ってきた

顎の弱体化が進み、じゃがりこがたべられなくなって早数年。
しかし作業や酒のお供に丁度良いじゃがりこは、ふとした瞬間に食べたくなります。
その度に「お前じゃがりこ食べたら顎を痛めて数日引きずるだろ……!」と己を説得し、じゃがりこから目を逸らし続けておりました。
しかし先日、ふと買い物中にじゃがりこが目に止まったのです。
ここでいつもなら己を説得して回避していたのですが、どうしてだろう、その時はなんだかいける気がしました。
というか年単位で食べるのを我慢しているから、そろそろ我慢も限界だったんですよね。
今なら、もし私の顎がやられてこれ以上は食べられないという状態になっても、残ったじゃがりこを食べてくれる妹という心強い存在もいますし。
……という経緯で購入したじゃがりこだったのですが。

すごい……私いま、じゃがりこを食べてる……!
そんな感動とともにじゃがりこを食べる人類は恐らく少数派かと思うのですが、いやはや、ひどく感動いたしました。
主に左側を痛めやすいので右側で噛み砕くかたちにはなったのですが、それでも途中でリタイアすることなく食べきれたというのは、感動せずにはいられません。
有り体に言って、すごく嬉しい。
だってこれで、じゃがりこ解禁できますもんね!!
ちょっと前にベーグルを食べたときは顎が死ぬかと思ったけど、なんやかんや私の顎は昔に比べて鍛えられてきてたんや!
せっかくじゃがりこを食べられるようになったので、今後は意識して固いものを食べるよう心掛け、顎の弱体化を阻止していきたいです。
posted by 爽川みつく at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: