通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2015年02月16日

楽園、或いは、ないものねだり

今日は何だか調子が良くて、寄り道こそすれ、割合集中して小説を書いていました。
長編の方を書いて、息抜きに短編を書いての繰り返し。
そんなわけで、ちょっと久しぶりに支部に小説を投稿したのでした。
『Utopia』
今回は、「飛ぶ」話。
3000字ちょっとの物語ですので、よろしければどうぞ!


以下は恒例の、後書っぽいコーナーです。
『Utopia』は、単純にテレビで芸人さんとかがバンジージャンプをしていたのから発想を得ました。
ものっそい高いところから、命綱こそあれ、真っ逆さまに飛び降りるのは相当怖いんだろうなぁと。
そのスリルこそが良いんでしょうけれど、覚悟を決めるまでは時間がかかるみたいですもんね。

あとこれは物語の内容には一切関係のない、書き方の話なんですが。
今回から、ちょっと崩しました。
何をどう崩したかと言うと、「出来る」→「できる」という感じ。
前は「漢字がたくさんある方が格好良いキリッ」派だったんですが、最近は主に私の目が疲れるという理由から、適度にひらがなを盛り込んでいきたい派になりつつある次第であります。
どうでも良かったですね。

まぁそんな感じで、恒例の飛び降りネタではあるけどちょっと書き方を変えた『Utopia』。
改めまして、お時間ある時によろしければ是非。
posted by 爽川みつく at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: