通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2014年09月17日

たかが5年、されど5年

妹がセンター入試の申し込みで何やら騒いでいまして、姉として何か助言ができれば良かったんですが、如何せん爽川さんの記憶力は残念な感じだったので、駄目元で机の引き出しに何か当時のものが残ってないかと探したら出てきました。
出てきちゃいましたよ、センター入試申し込みのあれこれが。
振込用紙の控えとか、高校側が「いきなり生徒に本番書きさせたら失敗するだろうから一度下書きしてこい」って渡してきた藁半紙とか、書き方の説明書とか。
他にも、東京に受験に行く際のホテル予約のあれこれとかが出てきました。
駄目元で探したのに、まぁ出てくること出てくること……。
しかし考えてみれば、大学入学を機に京都に旅立ったのだから、机の引き出しに高校3年生の頃の受験のあれこれが残っているのはそうおかしい話じゃないですね。
ただ単に私が掃除をサボったが故の結果でしかないじゃないすか。
この原理で黒歴史も着実に蓄積されているのだなぁとしみじみ。引き出し開けたら黒歴史ばっかりですよもう……。

ちなみに、妹が騒いでいた件については解決しませんでした。
私の時にはなかった項目で騒いでいたようです。
それなら結局お姉ちゃんには分からんよ……すまぬな……。
posted by 爽川みつく at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: