通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2012年10月17日

あなた疲れてるのよ…

人にきちんと伝わる文章を、とか。
意図が伝わらなければ意味がない、とか。
レジュメを作る上でそれらの事は絶対に必要な事項になってきます。
小説を読解していった過程をきちんと相手に理解してもらう為には、言葉を選ばなければ伝わりません。
それは分かってる。分かってるんだ。
だけど何というか、1周回って「終わりさえすればもうどうなっても良い」という心境に達してしまいまして、どうにもやる気が起こりません。
あとはレジュメを印刷してある程度リハーサルをすれば準備は終わります。
だけどその発表内容に対してどう突っ込まれるのかを想定するのが面倒になってきて、投げ出して逃げ出したい感じ。
小説を読むのは楽しいんですけどね。
その読解に対して、きちんとした感想とか貰ってないから改善も何もないし、どうだったと周りに訊いてみてもお世辞しか返ってこないから「もう分かんないよ!」と一人でキレてるわけです。
それらがあれば、もしかしたらやる気が出るかもしれないじゃないすか。
いやまぁ、私だって人様の発表に対して質問とか出来ない人間なので、本当に棚上げなんですが。
だからこそ、最近はその辺訊かれたら思った事を素直に言ってみるのも大事なのかなぁとも思います。
加えて改善点も思いつくようなら言いたいと思います。
が、誰もそういう事を訊いてこないので、フィードバックしたいと思ってるのは私だけなのかもしれないですね。或いは役不足。

ともあれ、遂に明日がゼミの発表だよ\(^o^)/
華麗に散ってきます\(^o^)/
posted by 爽川みつく at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: