通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2006年10月16日

ぐふっ……

文化祭1週間目というわけで、交歓練習がありました。
1年生と2年生と3年生という、3学年が一クラスずつ集まり、そのクラスの合唱を公開する時間です。


まず、1年生。

…………。
まぁ、仕方ないと思います。
地声満々で声小さくっても、それは1年生だからしょうがないと思います。
これから上手になっていけばいいんです、えぇ。

次に、2年生。

…………。
おいおいおいおいおいおいって感じです。
2年生と言う学年を考えれば、歌声になっていもいいと思うのですが、思いっきり地声で歌ってました。
しかも、男子の声がほとんどで、女子の声が小さい…。
ソプラノもアルトも地声で、ソプラノが声の大きさ的に負けてるし!
…。
ついでに言わせてもらえれば、その2年生が歌った曲って、私が1年生の時に歌った曲だったんですよね。
……うーん…。

で、最後に3年生。

私は歌ってた身なので良く分からなかったけど、とりあえず女子は歌声だったと思います。
男子なんてもう知りませんよ。
でも、私の後ろにいた、ソプラノ内で一番声が大きい子の声が大きかったなぁとは思いました。
大きすぎて高すぎて、耳塞ぎたくなりましたけど…。
…。
まぁ、私なんて緊張しすぎて、サビのところで声が裏返ったし音程もミスったから、人のことは言えません。



あぁ、空が青いな…。(現実逃避開始
posted by 爽川みつく at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック