「富士見L文庫×カクヨム 美味しい話&恋の話」短編小説コンテストにて、
『レシピのないカレーライス』が受賞作品として選ばれました!
『飯テロ 真夜中に読めない20人の美味しい物語』に収録されています。
特集ページは こちら

2011年01月17日

静寂の中、君と背中合わせに言葉を紡ぐ

無事に寝坊する事なく学校に行ってきました。
昨日からの積雪で2センチくらい積もっていたので、今日は徒歩での登校でした。
いやまぁ、どうせ帰る頃には確実に溶けてるんだろうなぁとは思いましたよ?
思いましたけど、スリップして打撲(最悪骨折)するよりはマシじゃないかと。

そして、そう。
昨日宣言した通り、学校の図書館でドイツ語の勉強もしてきました。
自分で自分を追い詰めていかないと、爽川さんは何事もしないんですよね。やれやれ困ったものだ←
それでえっと、図書館に関しては、いつも利用している個人閲覧席に行ったんですけれど。
いつもはそう人が多い場所ではないので、ゆったりと作業をしています。
が、今日はほとんどの席が空いていないという混み具合でした。
ので、かろうじて空いていた席で私は2時間ほど勉強していたんですけれども。
なんというか、いつもと場所が違うから、すごく落ち着かなかった。
大学生になってから急下降している集中力が、さらに加速して下降していく感じ。
ていうか、テスト直前なのに今更勉強を始めて、さらに辞書を引かなきゃ単語の意味すら分からないって、結構問題だと思います。
まぁテストだけが全てじゃないんでね! 寝坊した1回しか欠席していないという優等生ですからね(ドイツ語に関しては)!

でもって、図書館で勉強中に友達から「バイト先のロールケーキ、貰ってくれない?」的なメールがきたので、張り切って貰いに行ってきました。
バタークリームだったら駄目だと思ったんですけれど、安心の生クリーム使用で何より^^
当たり前のように雪の溶けた道を歩いて帰宅後、早速ロールケーキを頂きました。
さすがロールケーキ専門店なだけあって、すごく美味しかったです。
その美味しさで、父から来た「最低1週間に10回連絡しろ」メールがきてうぜえええお前私の彼しかうぜええええ、なんて思った事は忘却の彼方へ葬ろうと思います。
posted by 爽川みつく at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: