通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2010年02月09日

太陽の光を我に!!!!

冬季鬱病とかいうやつかもしれません。
なんだかやたらと眠いんです。
対処法は確か太陽の光を浴びる……とかだったような気が(保健室便り情報)。
学校に行く時はまだ太陽昇ってないし、家に引きこもってる時は言わずもがなですよ。
太陽の光が枯渇しているのは良くわかったから、とりあえず私に太陽を拝ませてください。
晴れたらなんとかして家から出て散歩くらいしますんで。
そしたらほら、体力もつくし鬱病打破にもなるしもしかしたら減量とかにもなるかもですし、ね。


閑話休題。
今朝、いつも通り朝御飯を食べようとしたらポタージュがありまして、久しぶりだったので飲んでみました。
そしたら何、登校するまでの30分で恐ろしく喉が渇きやがった。
幸い財布には飲み物くらいは買える小銭が入っていたので、学校の自販機で飲み物を購入しようとしたのですが。

私はパックの安い飲み物で良かったんですよ。
喉が少し乾いているくらいなら、ペットボトルサイズの量は必要ないですからね。
それでパックの自販機に100円玉を投入しました。
が、すぐに返ってくる。
これで別の100円玉があれば良かったんですが、生憎と私の財布にそれだけの余裕はありません。
その100円玉のみでの勝負です。

こういうのは何回か入れてみれば認識してくれるはず。
そう思って5回、チャレンジしました。
だがしかし、全部失敗\(^o^)/
ことごとく返ってきやがんの。
諦めて別の自販機に同じ100円玉と投入したところ、一発で認識しやがった。
少しでも高いものを買わせようとする業者の意図か何かですかそうなんですか。

しかしこの時の私はうっかりしていて、思わずコーヒー牛乳を買ってしまったのです。
喉があんまり潤わない\(^q^)/
posted by 爽川みつく at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: