「富士見L文庫×カクヨム 美味しい話&恋の話」短編小説コンテストにて、
『レシピのないカレーライス』が受賞作品として選ばれました!
『飯テロ 真夜中に読めない20人の美味しい物語』に収録されています。
特集ページは こちら

2009年11月22日

ネズミさんの写真に本気だしてみた

父のような器の小さい人間にだけはなりたくない。
うん、これだけ言っておきたかっただけです。
父は小学校低学年並の器の大きさしか持ちえてないよ\(^o^)/


閑話休題。
昨日は珍しく考察ネタをしたのですが、そういや他にもネタにすべき事があるものがありました。
忘れていた訳じゃないんだけど、脳内環境が昨日はどうしてもああなってしまっただけなんですよ。

とりあえず、経緯から。
えっとですね、たまにはネズミのかわいい写真でも撮ってあげようと思ったんです。
過去にここでうpした画像と言えば、

20090725220720.jpg

こんなのや、

現実逃避?

こういうの。

どうして。

そしてこういう画像ばかりでしたからね。
いや、見てておもしろいネズミさんなんです。
奇行はいまだに絶えません。
奴はまだ未知数のネタを持っているんです。

で、かわいい写真。
過去に挙げた写真を見れば分かる通り、我が家のネズミさんはああいう写真しか残されていないんです。
つまり、ああいう事しかしてないんですよ。
いかにしてかわいく撮るかというのは大きな問題です。

とりあえず何かしらの容器に入れればかわいくなるのではないか。
そう思って雪見だいふくの空を用意しました。
これに入れてカメラ目線を撮れば、きっとかわいいはずです。

だけど、駄目でした。
あのネズミがあの小さい容器で大人しくするわけがなかったんです。
そこで導入されたのが、奴がここ最近大好物としているニボシの登場です。
昔はひまわりの種が何よりも好きだったのに今はニボシが大好きだなんてお前中の人は確実おっさんだろ、とは思いますがそれはそれ。
ネズミだって嗜好は変わるんです。

そしてアングル、ポーズを考慮し妹と協力して撮れたものがこちら!

in ゆきみだいふく

…………うん、駄目だった☆
奴の中身はおっさんだったんです。
いくらニボシで釣って大人しくさせようとしたって、現実にはただニボシを貪るネズミのおっさんだったんです。
目に光が入ってないよこいつマジだよ……!

まぁ一概にネズミが悪いわけではないんですけどね。
私にカメラの技術が無いってのもあるんでしょうけどね。
でも一枚くらいはかわいく撮ってあげたいなぁ。
posted by 爽川みつく at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: