第4回文学フリマ京都にて、2冊頒布します!
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

=================================
日時:2020年1月19日(日)11:00〜16:00
会  場:京都市勧業館 みやこめっせ 1F
       第二展示場C・D【入場無料】

出 店 名 :放課後の呟き
ブ ー ス : え-18
詳  細: http://bunfree.net/event/kyoto04/
カタログ: http://c.bunfree.net/e/6av
=================================

2019年08月04日

左手を痛めました

はい、というわけで、タイトルのとおり。

今年も左手を痛めました。

蔵点を目前にしたこの時期に。
去年から懲りずに。
またしても。

ただね、今年に関しては原因が明らかなんですよ。
原因は、そう。
単純に体重のかけ具合をミスりました。

たぶん、立ち上がるときとかに、こう、ぐねっと。
その瞬間は別に痛くなかったんですが、昨夜からじわじわと違和感が生まれ、徐々に「痛めたな」という実感が湧いてきた次第です。
いや、この時間差はなんなんだよって話なんですけれど。
去年は原因不明だったから、それに比べたら原因がわかっている分、ひとつ安心できる……わけねぇよ!
蔵点が近ぇって言ってんだろ!
今年は気をつけますって職場でずっと言ってたのに、このザマだよ!!!

これ以上悪化させないために安静したいところなんですが、生憎と爽川さんの利き手は左手なので、どこまで安静にできるか。
右手でも大抵のことは代替できると思うんですが、やっぱり利き手のほうが早いじゃんなって。
まあ、そういうこと言ってると治るものも治らないのでね。
湿布を貼って、大人しくしていようと思います。
posted by 爽川みつく at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする