通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2018年11月02日

すぐ死ぬタイプ

今日の夕方頃に地震があったみたいです。
「あったみたい」と、いやに外聞系になってしまっているのは、私が地震だと知覚できなかったからです。
震度3くらいあったみたいなんですけどね。
如何せん、その当時は徒歩で移動中だったのです。
んで、ちょうど自動ドアの前に来たあたりで揺れたらしいのですが。
揺れ始めた直後に目の前の自動ドアがガタガタと震えながら開いたら、その音にびっくりするじゃないですか。
ぶっ壊れたのかと思って、飛び退くように距離を取って警戒していたら、揺れは収まったようでした。

建物の中に入ったら利用者は騒然としているし、職場では先輩(後輩)さんがデスクの下に潜ってたり、後輩(先輩)さんが利用者に避難指示を出して館内を見回りに行っていたりで、地震を知覚していなかった私の、この取り残されようたるや。
たぶん大きな揺れが来たらすぐに死ぬタイプ。
夏頃、震度4に遭遇したときはびっくりして固まって、ちょうど出勤時間だったからすぐに家を出たけど、震えが止まりませんでしたし。
逃げるよりも死を覚悟するほうが早い。

しかしながら、先週末にも同じような場所を震源とした地震が起きたばかりですし。
しばらくは余震に警戒したほうが良さそうですね。
posted by 爽川みつく at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする