通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2018年09月22日

代償は確かに存在している

先週は妙に調子が良くて、ばりばり作業をしてました。
普段、平日の進捗はゼロであることを思うと、手を付けて、そこそこ書けているっていうのは、私にとってはすごいことなのです。
そんな感じで筆が乗っていたので、先週はほとんどシャワーで済ませていたのですが。
仕事のほうも相まって、肩がばきばきになっておりました。
いやもう、普段からして全身こり固まっているんですが(以前、ハンドマッサージだかを受けたら、手すらこってると言われる始末)、それでも普段以上にこってるのがわかるレベル。
さすがにこれは、湯船に浸かってほぐすしかないべや、と思い、今日は久しぶりに湯船に沈んできました。

いやあ、やはり湯船は良いですね。
肩まで浸かってると、なにはともあれ安らぎます。
本当は毎日きちんと湯船に浸かるのが理想なんですけれどね。
調子が良いときに書き進めていきたいからね。仕方ないね。

とはいえ、身体が資本ですし。
あまり無茶はしすぎないようにしたいところ。
平日はほぼ毎日栄養ドリンクをぶっこむレベルに至ってますが、まあうん。
まだチオビタとリポDで頑張れてるから大丈夫なほうでしょう。

日付偽装でした。
posted by 爽川みつく at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする