第4回文学フリマ京都にて、2冊頒布します!
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

=================================
日時:2020年1月19日(日)11:00〜16:00
会  場:京都市勧業館 みやこめっせ 1F
       第二展示場C・D【入場無料】

出 店 名 :放課後の呟き
ブ ー ス : え-18
詳  細: http://bunfree.net/event/kyoto04/
カタログ: http://c.bunfree.net/e/6av
=================================

2018年08月03日

捗る!

先日から地獄の業務が始まったわけですが。
きついはきついし可能であれば期間を延長してゆっくり作業したい気持ちでいっぱいだし、もっと可能であれば隔年とかにしたいとか、いろいろ言いたいことはあるんですが。
ともあれ、それにより良いこともあるのです。
それはつまり、考え事をする時間ができる、という点。
単純作業を延々としていく業務なので、作業に手が慣れてしまえば頭は好き勝手に思考を巡らせていても支障がないというわけですね。
こういうことができるから、私は単純作業が好きです。
工場のライン作業とかも、左利きでなければもっと好きになってた(流れ作業は右利き仕様なので、立ち位置を変えたりしなきゃいけなかった)。

おかげさまで頭の中での構築は完成したので、あとは出力していくだけ。
今日のところは体力が尽きたから、明日以降の自分に全力で賭けるんだがな!!

今日は日付偽装でした。
posted by 爽川みつく at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする