通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2016年12月07日

失われていく感覚

今日は買い出しと払い込みの関係で外出してきました。
払い込みについては、コンビニ不可だったので銀行に行って振り込んできたのですが。
あんまり銀行のお世話になることのない爽川さんにとってはなかなかに未知の領域でしたね。
いやはや、大学1年生の春に番号札の概念すらなく戸惑ったときを思えば、今日はスムーズに手続きできたものです。
が。
払い込むにあたって銀行から専用の用紙に記入を求められたのですが、ナチュラルに日付が書けなくて動揺しましたね\(^o^)/
感覚としては、長期休暇明けに自分の本名を書こうとして一瞬だけ戸惑ったときに近い。
今年は日めくりカレンダーを使っている上に、パソでこれでもかというくらい日付が分かる環境にいるのに、手書きとなるとわからなくなるものなんですね……。

なんだかんだでニート生活も2ヶ月が経とうとしていますが、今日のことは不意打ちでした。
昼夜逆転してないから、日付と曜日の感覚は失われていないと思っていたんですがねえ。
あんまり世間様から感覚がずれすぎるとしんどいというのは、大学生活後半期で学んでいるので、これ以上の摩擦は生まないよう心掛けたいと思いますです。
posted by 爽川みつく at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする