通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2014年09月05日

今回の件から得るべき教訓はただひとつ

夕方頃、妹を迎えに行く為に千代子号に乗り込みました。
何だかんだで千代子号に乗るのは、この間のバイト以来だったので5日ぶりくらいですか。
ドアを開けたら運転席に目薬が落ちていて、別に私はそんなに目薬が必須なわけでもないから良いけどお前さんずっとここに落ちてたんか、と思ったり。

千代子号もAT車なので、ブレーキを踏んでエンジンかけなきゃいけないんですけれども。
最初に踏み込んだ時、何だかブレーキがいつもより固いなぁという気はしました。
でもメーターのところは点灯するわけだから問題はないだろうと思って、エンジンボタンを押します。
が、ラジオが点くだけでエンジンは動いてくれませんでした。
何回かブレーキ踏んでエンジンボタン押して……と繰り返したら、どうにかエンジンかかってくれましたけれども。
これってつまりあれですよね、しばらく車を使っていなかったが故の出来事ですよね。

千代子号に乗るようになってから、親に「頻繁に乗るようにしなよ」とは言われていましたが、その言葉にはこういう事態を未然に防ぐ意図もあったというわけですね……知らなんだ……。
だって今回の件についての原因は、たぶんそういうことですもんね?
身を持って知ったことこそが力になる……みたいな感じで、今後は気をつけたいと思います。

ちなみに、妹の送迎についてもなかなかに大変でした。
近所に消雪パイプを設置するらしく、その工事で道がごちゃごちゃになってるし、同じく送迎にきた保護者の車で駅はごった返してるし……うん。
posted by 爽川みつく at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする