通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2014年08月24日

整理と清掃

今日は就職後に居候させてもらう祖母宅へ行ってきました。
主たる目的は、部屋の掃除です。
というのも、居候中の私の寝室兼個室となるのが、亡くなった祖父の書斎でして。
しばらくの間使われていなかった書斎だし、遺品整理も兼ねて大清掃しちゃおうぜー、という感じです。

祖父の書斎は、小さい頃はちょくちょく行っていたのですが、中学生になったくらいから行く頻度が減ったような気がします。
高校の頃は部活だ何だと忙しくてあまり会いに行けなかったし、大学は言わずもがな。
そんなわけで本当に久しぶりに祖父の書斎に入ったんですが。
何ていうか、記憶にあった書斎より小さく感じました。
よく漫画とか小説とかで語られる、「昔は広く感じていたこの場所も、今こうして見ると存外小さい場所だったんだなぁ。嗚呼、成長したんだなぁ」という例のあれです。
うず高く積まれた本の山を縫って書斎に行った記憶の方は、正しく正解だったんですけれどね。
両側が本棚の通路を通るのは、そりゃあ小さい子ならちょっと怖く感じるわな(笑)
しっかし書斎というだけあって、そして読書家であっただけあって、本がもうあるわあるわ……仕事関係から文学、娯楽、教養に雑学、何でもござれ状態でした。
文学部なら垂涎必至そうな、文豪の全集(めちゃ古い)までありました。

広義での遺品整理は、どうにか良いところ終わりました。
床が見えるくらいになっただけでも重畳です。
あとは細かい掃除がメインになるだろうと思うので、私がたまに行ってやっていこうと思います。

今日一日で一番何を頑張ったって、祖母宅と家までの道のりの運転ですよ。
バイパスへの侵入と脱出がめちゃ怖かった……。
posted by 爽川みつく at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする