通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2014年08月04日

塩ぱねぇ

今日からバイトということで6時半起床でした。
案の定、母に起こしてもらいましたが、起きるには起きました。
何だかんだで先々週までの早起きがあったからか、お腹の方も早起きにびっくりしなかったようで、割と健やかな朝でした。

バイトの方は、どこの作業をやるにしても「この子、今日からだから教えてやって」と言ってくれる方が居たのでテンパらずに済みました。
扉とか開けっぱなしでクーラーの効いていない屋内での作業ばかりなのですが、作業開始直後は外に近い場所だったおかげもあり、風にあたって少し涼みつつ働けていました。
トータルで5時間の労働なのですが、間に15分ほどの休憩もありまして、冷たい麦茶をもらったり。
他に知り合いもいないし、麦茶を飲みながらぼーっとしていたんですが、ふとパートさんに呼ばれまして。
面子からして大事な話でもないだろうし、何よりクーラーの効いてる部屋だったからとのこのこ行ったら、「コーラあげる」と言われました\(^o^)/
曰く、自販機で買って飲んでたんだけどもうお腹いっぱいになっちゃって、ここにいる人らは要らないっていうから、若い子にあげる。とのこと。
善意100%のそれに対して「いや、私、炭酸飲めないんです」とは……言えなかったよねええええええ。
「わーい、ありがとうございますー(白目)」な感じで頂戴しました。
まぁ開封してからちょっと時間が経ってたから、予想してたより炭酸きつくなかったのが救いでしょうかね。

んで、そんな感じの小休憩を挟んでからのこと。
後半の作業場は、前半に比べて部屋の中央の方……つまり、熱気が籠りやすい場所でした。
とはいえ、ばたばた動く仕事でもないですし、そりゃあ暑いけど、大丈夫だろうという漠然とした自信が私にはありました。
何てったって、中学時代はクッソ暑い体育館で走り回ってたんですからね。と。
しかしそれは見事なまでに慢心でした。
作業中、何だか空腹感に似た感覚に襲われます。
お昼が近いし、その所為かな? と思うわけですよ。
だけどすぐに、視界がぐらついてきて、立っているのがつらくなってきました。
貧血かと思ってしゃがんだりしてたんですが、一向に状態は回復せず、どころか、呼吸が荒くなってきました。
何だこれ……と思いながら作業してたところに、パートさんから「大丈夫?」と声をかけられまして、ちょっとふらつく旨を話したら、「麦茶飲んで塩舐めてきなさい」と言われまして、言われるがまま、麦茶を飲んで塩を舐めました。
すると、何ということでしょう。
みるみるうちに症状が回復するではありませんか!
これで駄目だったら休ませてもらわなきゃなぁと思っていましたが、結果的に休まず作業を続行することが出来ました。
どうやら熱中症の初期症状だったようで、遅まきながらに私は自分が熱中症一歩手前であったという事実に戦慄を覚えたのでした。
熱中症予防に塩とはよく言ったものですが、まさか、ここまでの威力を発揮するとはな……! 塩ぱねぇ……!

んで、そこからは特に体調を崩すこともなく、時間になって作業は終了したのでした。
今日からしばらくは午前中のみで、お盆前の何日かは修羅場になるらしいので、覚悟だけはしておこうと思います。

皆さんも、熱中症には気をつけようね!(実体験を伴った助言)
posted by 爽川みつく at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする