通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2013年04月11日

黙々と延々と

最近どうも5000字を越えるくらいの小説を書いてないなぁどうしたんだ自分と考えていたのですが、どうもこうも、ずっと長編の作業をしているのだから思い浮かぶわけがありませんでした。
思いついても、その長編の派生とか後日談とか。
つまり世界観がそこで固定されてしまうわけですね。
器用な人はいろんな世界観を並行で動かせるんでしょうけれど、私にそれは出来ないので。
たぶん『しろくろ』と並行して殺し屋さんの話を書いてたらいろいろ酷い事になる自信があります(笑)

さておき、今日は学校に応募原稿の穴あけに行ってきました。
学校なら100枚くらい一気に穴を開けられるパンチくらいあるだろうという算段で行ったのですが、まぁなかったよね\(^o^)/
卒論で必要な人は多いはずという私の読みは、ものの見事に外れてしまったわけです。
何というか、4穴用のパンチがあるだけでした。
これはきっと何かの間違いだと思って教務課とかに訊いてみたんですが、やっぱりないと言われました。
仕方がないから、20枚ずつくらい延々と穴あけ作業をしてましたさ。
新学期故に人の多い場所で。延々と。
原稿はトータルで230枚弱だったので、単純計算でも20回以上はひたすら穴あけをしていた事になります。
だったら100均で穴あけパンチを買っておけばよかったよ本当に。

ともあれ、これで原稿を紐で綴じる事も出来たわけですし、明日辺りにいよいよ投函してこようと思います。
郵便局とか普段あまり利用しないから、それだけでも妙に緊張してしまうぜ…!

今日は日付偽装でした。
posted by 爽川みつく at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする