通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2012年11月19日

青空に向かって白い息を吐き歩く

本日は見事な快晴で、私も無事に午前中に起きる事が出来たので、予定通り毛布を干す事が出来ました。
今日から始まる真冬ライフ!
まだ京都は15度くらいある日が続くので、ちょっと気が早いような感じはするけどな!!
まずまぁ明日の朝は布団全落ち確実でしょうね。
寒ければ風邪をひくし、だからといって装備固め過ぎても駄目だし。
秋は男女共に好みの服が溢れるから好きな季節なんですが、体調管理面で言うとこれほど面倒な季節もないですね。
まぁ体調管理が難しいのは季節の変わり目であって、秋だけが格段に難易度高いわけじゃあないでんですけれどね。

閑話休題。
小説が書きたい書くぞ書くぜいええええええい!!! と毎日はしゃいでいましたが、ちょっとリアルの方がばたついてきてそれどころじゃなくなってきました。解せぬ。
まぁ言わずもがな、就職活動ってやつです。本当に解せぬ。
小説を書いててもふとした折に就活の事が脳内をちらついてしまって、集中出来ないったらないです。
幸い、この間の『テキミカタ』で良い具合に区切りはついているので、しばらく大人しくなろうかと思います。
ストックは長編短編含めて3つくらいはあるんですが、どれも如何せん序盤も序盤で完成までは程遠い状態だし。
就活なんて面倒なことやってらんないぜというのが本音ですが、やらなきゃいけないというのが現実ですからね。
いい加減、SPIとかの勉強とかもしなきゃいけないんですかね?
それもやっぱり「今更」「遅すぎ」「意識が低い」なんて言われてしまうんでしょうかね?www
まぁ書きたい時に書きたいように書ければ良いですし、自分の中でちょっとセーブしようかなという程度です。
どうせ就活なんてソウルジェムが濁りまくりそうな事をし始めたら創作意欲が募ってくるでしょうから、早めに終わらせて小説の方に集中したいすね。
posted by 爽川みつく at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする