「富士見L文庫×カクヨム 美味しい話&恋の話」短編小説コンテストにて、
『レシピのないカレーライス』が受賞作品として選ばれました!
『飯テロ 真夜中に読めない20人の美味しい物語』に収録されています。
特集ページは こちら

2012年04月20日

人に不快感を与えず話すのは難しい

今週2日目の学校にして最終日、雨だったので早めに家を出て徒歩で学校に行ってきました。
徒歩だと考え事ががっつり出来るという点では嬉しいんですが、学校に行くが為に荷物がどうしたって重いので、その点で考えるとどうしたって徒歩で登校するのは憂鬱になります。
でもってあんまり考え事に熱中し過ぎると鬱展開になるので、音楽を聴きながら歩く事で誤魔化すしかないんですよね。今は。


今日は授業で、クラスの前で1分間で自己紹介をして、それについて評価をするというような事をしました。
五十音順だから私はぎりぎり次回かな、とか考えていたのですが、思いの外欠席者が多かったりとかして見事に順番が回ってきました\(^o^)/
予め内容を考えてはおいたので沈黙が起こるという事態に陥らなくて良かったです。
帰ってきてからその評価シートを眺めていたのですが、やっぱり早口は指摘されてました。
が、意識的にゆっくり喋ろうと心掛けていたおかげか、早口を指摘してきたのは数人程度でした。
まぁ無論改善していかなければいけない点という事には変わりないですが。

評価シートには声についてとか話し方についてとか、いくつかの項目が設けられていて、それにチェックをしていくものでした。
その評価項目はなかなかに両極端で、例えば話し方については「早い」と「遅い」とか。「明るい」と「暗い」とか。本当に極端な選択肢ばかりでした。
その所為かどうなのか知りませんが、「明るい」と言ってくれてる方もいれば「暗い」と言ってくる人もいまして。
これはちょっとどうすれば良いのか分かりませんぜ…(;^ω^)
話の内容自体は好感触だったようです。
やっぱり県外の人間の話って外れが少ないですね…!

今日は安定の日付偽装でした。
こたつで2時間ほど爆睡したんですよ……。
posted by 爽川みつく at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする