通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2011年02月01日

『仇』を「イカ」と読んでしまった私はいろいろ限界なのかもしれない

眼鏡生活2日目の朝。
もはやアラーム設定時間から1時間後に起きる事など日常茶飯事と化した今日も、いつものように目を覚まします。
眠気覚ましについったにアクセスしようと目を開けて――違和感。
その違和感は、どうやら左目にあるようです。
それは違和感というよりも、もはや痛みに近く。
しかも割と最近味わった痛みだという事に気が付くまで、そう時間はかかりませんでした。
ベッドから這い出て鏡を見てみると、尋常じゃないくらい腫れてました。
目が半分しか開かないくらい、左瞼が腫れあがっていたのです。
そうして私は気付きます。
ま た も の も ら い か 。
何故、先月右目でものもらいが発生したのに、翌月には反対の目かよwww

いやまぁ、昨日一昨日辺りから、目に違和感があると言えばありました。
だけど、それがまさかものもらいの再来だとは思わないじゃないですかw
しかも左目、右目の時よりも腫れが酷い気がします。
瞬きするだけで痛いんですが。
これは、あの早口な先生のいる眼科へ行き「えwwwまたですかwwwww」と言われるのを覚悟で診察を受けた方が良いのかもしれませんが、しかし明日は1限から補講があり、その後カラオケに行くので時間などありません。
だからその次の日に行こうと思ったのですが、しかしその日は休診日っていう\(^o^)/
よって、最速で眼科に行ける日は今週末になる訳です。
が、母に、先月のものもらいの時に処方された目薬を使っても良いか、物は試しで訊いてみたところ、OKサインが出たので、私はしばらく目薬を使おうと思います(^ω^)


で、朝からものもらい発覚という事件が起きるも、普通にアニメを観ていた11時過ぎ。
突如としてインターホンが鳴りました。
今日は元よりらっきょのDVDが届く予定でしたから、配達のおじさんが来たのかと思いました。
受話器を上げる直前、「あれ? でもDVDってメール便で届くんだよな…?」と思いましたが、しかし受話器を上げてしまった時には既に後の祭り。
受話器越しに聞こえてきたのは、大家さんの声でした。
あるえ…? 何で大家さんが…?
用件を聞いてみると、どうやら春からの入居者になるかもしれない人の為に、部屋を見学させて欲しいとのこと。
で、他の部屋の人にも声をかけてみたけれど、どうしてか他の部屋の人が全く出ず、ようやく私が捕まったようでした。
……まぁ、そんな諸事情を聞かされたら、部屋見学にOK出すしかありませんよね。
そして、大家さんからとどめの一言。

「あと10分か15分したら来ると思うんで、よろしくお願いします」

マ ジ で か \(^o^)/

さて、ここで状況を整理してみようか。
私は、今日一日引きこもろうと思っていた訳ですから、当然スウェットのようなものを着ています。
で、この間の土日はバイトだったりレポートだったりで忙しかったので、部屋の掃除などしていません。
洗濯物とかお菓子とか、散乱しまくりです。
さらに、部屋には去年勝ち取った撫子が飾られており、本棚にはこの間のインテの戦利品がごっそりあります。
それを、10分でなんとかしろと。
なんという無茶ぶり\(^o^)/
しかしまぁ、一度大丈夫と言ってしまったものは仕方がないので、急いで部屋を片付けます。
掃除機をかけてる暇はなかったので、ゴロゴロでごみを取り。
洗濯物をクローゼットにぶち込み。
撫子も目のつかない場所にそっと隠し。
私自身も、人前に出ても問題のない格好に着替えました。
あとはパソの画面があれだったので、レポート書いてる体にしようとワードを立ち上げます。

もう後半になるとテンパりも限界で、「うわあぁぁ、どうしよ、あと何をどう隠せば……」と呟いた時にインターホンが鳴りました。
最悪この独り言が玄関先にいる大家さんと見学者さん達に丸聞こえです本当にありがとうございました\(^o^)/
それでも平常心で玄関を開け、私は至極冷静に、もはやバイトでもしているかの如き笑顔で部屋に招き入れました。
見学自体は、そう時間はかかりませんでした。
部屋の間取りを確認して終わりです。
ただ、薄い本だけはどうにも隠せなかったので、最悪誰かに見られてます。
一応カモフラージュはしているつもりなんですが……。
うん、バレてない事を切実に願うよ!^^

どうせ私の部屋は見学対象外だと思っていただけに、今回の出来事は本当予想外でした。
そうか、これから入試の合格発表があるから、続々と見学者が来る訳か。
たぶん大家さんからしてみれば、「女の子なんだし、部屋はいつでも綺麗にしてるでしょ」的な認識があったからこそ、今回のような事になったんだと思いますが。
敢えて言おう、それは幻想であると。
ていうかね、私の部屋は一般人の突如の訪問に対応出来ないんだと思います。
薄い本とかフィギュアとか、一体どうすれば良いんだぜ?
もうこんな事ない事を願いますが、しかしもう1回くらいありそうな気もするんで、今後は部屋を綺麗な状態で保ちたいと思います。思うだけですが。


そんな事件の後は、相当な疲労感こそあれど、レポートの提出が明日という事もあったので、必死に作業をしてました。
途中、DVDが予定よりも早く届いていたので誘惑に負けそうになりましたが、そこはなんとか堪えて、レポート完成まで漕ぎ付け、その後まったりとらっきょの終章を観たのでした。
あとは、このブログを書きあげたらレポートを印刷して、以上終了です。
これでインク切れとかになったらマジ呪うわぁ……。
posted by 爽川みつく at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする