「富士見L文庫×カクヨム 美味しい話&恋の話」短編小説コンテストにて、
『レシピのないカレーライス』が受賞作品として選ばれました!
『飯テロ 真夜中に読めない20人の美味しい物語』に収録されています。
特集ページは こちら

2011年01月20日

いろいろおわた\(^o^)/

昨日は記事更新後、それなりに勉強はしてました。
範囲終わるまでは寝ず(仮眠はとりましたが)、1時半くらいまでは勉強してましたかね。
で、夜の段階で一応テスト範囲を一通り勉強し終えたのですが、それで理解出来るようならこんなに焦ってませんぜ^^
その後も、文法を中心に復習をしてから寝ました。
まぁ、コーヒー飲んで眠気を飛ばそうとした結果、しばらく寝つけませんでしたけど。
でも朝は母に電話で起こしてもらうよう頼んでいたので死角はなかった。

いつもより早めに教室に行って、最後の悪あがきをしようと思っていたのですが、洗濯物を干したり何だりしてたら結局いつも通り登校する羽目に。
が、まぁ先生も鬼じゃありません。
先生が教室に入って来たのが、授業開始5分か10分後、テスト開始はさらにそこから20分後くらいでしたからね。

………………で、だ。
前日、文法問題に特化して勉強していた私は、テスト直前に日本語訳を復習していました。
なんていうか、それが忠実にテストに反映されたかな!
文法問題が壊滅的で、日本語訳を書かせる問題はほぼ書けましたもの。分からないのはひとつだけで、あとは合ってる自信があるという、私にしては珍しい感じですが、でも事実そんな感じ。
なんていうかね、致命傷こそ避けたけど骨折しちゃったぜ、みたいな感じです。
テスト終了直前には先生が大ヒントくれたりしたんですけどねー。
どうも人称変化に弱いぜ。
やっぱりドイツ語は、教科書を2周くらいしないと仲良くなれる気がしませんね。

でもってその後に、もうひとつテストがありました。
これは持ち込み可だったので余裕ぶっこいてたんですが、見事に玉砕したよ畜生!
さっきのたとえで言うのであれば、骨折したけどまだ動けると思って前に進んでたんだけど、実はこの先地雷がめちゃあるところで、だと言うのに地図も確認せずに飛び込んじゃった、みたいな感じ。
要は駄目だったんですよ。
単位が貰えれば良いんだけど…、と心配するレベルの危なさ。
記述が壊滅的に駄目だとかなんとか、まぁ思い出せば後悔しっぱなしなんですけれど、これはどうしようもなく自業自得ってやつです本当にありがとうございました。
まぁ、でも、なんだ。
全部終わってしまった、今や過去の話じゃないですか。
これで後期は残すところレポート一つですぜ。
しかもそのレポートは補講日の2月が〆切だから、結構余裕があります。
直前になってまた騒ぎそうですけれど、でもとりあえず鬼畜なテストが終わっただけ良しとしておきます。


閑話休題。
数日前に、帰省の日程について書いたと思うんですけれど。
親と話し合った結果、日程に変更はありません。無事に新潟に帰れます。
ただ、例によって例のごとく父の登場だよ!
京都から新潟に帰る際、父が迎えに来てくれるそうです。
平等院に行きたいからとかなんとか、とりあえず観光がしたから来るようで。
別に私としても平等院は行ってみたいから良いんですけれど(父と7時間ちょい車に乗ってなきゃいけないのは苦痛ですけれど)、恐らくは深夜2時とか3時くらいに新潟を出発して京都に来て観光をし、その後すぐ7時間の道のりを再び運転しなければいけない父は、果たして大丈夫なんだろうか。
私が免許持ってれば、途中交代も出来るんですけれど、しかし今度の春休みに免許を取る予定はありません(たぶん、2回生の春休みに取ると思われる)。
だからつまり、いつも通り父オンリーの運転なんですよ。
だけど、夏に妹が来た時も父が迎えに来てくれました。
あの時、眠すぎてフラフラだったんですぜ?
京都は雪が無いから良いとして、新潟は今、水道管が破裂して断水されちゃうレベルで寒いんですよね?(母情報)
それを考えると、帰るのが怖くなってきます…。
無事に京都‐新潟間を往復出来ると良いな……。


明日は平常通りなんですけれど、後期は上手い事授業が潰れなかったので規定された回数の授業が終わり、明日は完全オフです!
つまりは3連休なんですぜいやっふう!
とりあえずは、今期始まったアニメのチェックが全然だから、明日はその辺に重点を置いていこうと思います。
あと部屋の掃除もいい加減しなきゃ。
posted by 爽川みつく at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする