「富士見L文庫×カクヨム 美味しい話&恋の話」短編小説コンテストにて、
『レシピのないカレーライス』が受賞作品として選ばれました!
12月15日発売予定『飯テロ 真夜中に読めない20人の美味しい物語』に収録されます。
特集ページは こちら

2011年01月08日

5日目になって、ようやく動いた

何だかんだ言って、この右目の症状が現れてから今日で5日目なんですねっていう。
そりゃあ友人らも眼科に行く事を勧める訳です。
どうにも私は冬休みが不規則だった所為か、時間の感覚がおかしな事になっているので、世間とのずれ方が酷い。
しかし1月が終わってしまえば、今度は春休みでですからね。
狂いに狂って、昼夜逆転する可能性大です。

まぁそんな話はさておき。
今日は意を決して眼科に行ってきました。
朝8時に起き、午前中に眼科へ行こうという計画は10時半起床という事実が無効にしてしまいましたが、何か。
なので、本来は午後やる予定だった事柄を午前に繰り上げ。
掃除をしたり、今後のスケジュール立てたり。
そろそろ春休みの帰省について考えなきゃいけないんだぜっていう。

その後、一度友達にバイト関連でお願いするものがあったので友達に会い、それから眼科へ。
地元以外の眼科に初めて来たので、緊張クライマックスです。
問診票を書いて、待つ事数分。
まぁ初めてその眼科を訪れた訳ですから、私の基本情報が無い訳ですよ。
だから最初に、いろいろと検査をしたんですけれど。
眼科によく行く人なら分かると思うんですけれど、あの、遠くにある気球を眺める機械があるじゃないですか。
看護師さんに「じゃあここに顎を乗せてください」って言われて、それっぽい機械があったら、気球のやつだと思うじゃないですか。
けれど、座って顎を乗せた時に、私は異変に気が付きました。
これは気球のやつじゃあない、と。
じゃあ何の機械なんだろうかと考えていると、看護師さんから一言。
「一瞬風が出ますよ」
その瞬間、私はふと思い出す事がありました。

友人がこの間、とある事を言っていたのです。
「眼科行くと、風をぶわってかけられる機械があるよね? あれ、本当びっくりするー」
しかし私はそのような機械なぞ知らなかったので、「何その機械wwwウチの地元にはないよww」と笑っていたのですが――

こ れ か 。

看護師さんにとって「風が出る」というのは日常風景ですから、さらっと言ったんでしょうけれど。
びっくりしすぎて飛び上がったわwww
顎を乗せていた場所から顔が上に飛び上がりましたよ、ええwwww
しかもその後も、風の出るタイミングとその威力に負け、何度も飛び上がってしまいました。
看護師さんとしても、なかなか検査が終わらないので、本当面倒臭い患者だと思ったんでしょうね。
でもごめん、地元の眼科にこんな機械はなかったんだ。
だから、耐性もなかったんだ。

しかしその機械での検査が終わると、お次は例の気球のやつ、そして視力検査と、そこはさくさく進んでいきました。
そしていよいよ診察。
眼科の診察室って絶対カーテンで仕切られた暗所で何かドキドキするよね! なんて思わず、名前を呼ばれた私は診察室へ。
具体的な症状については、受付でもらった問診票と看護師さんによる 尋問 質問があったので、ほぼ省略。
じっくりと目の状況を診て、先生は言いました。
「めばちこ――地方によって言い方はありますが、まぁ、ものもらいですね」
マジでか\(^o^)/

しかし先生の話を聞いてみるに、どうも私のこれは他人にはうつらないようです。
瞼の方に細菌が入りこんで炎症を起こし、さらに目の周りにあるといういくつもの脂の腺のところで、脂が固まってしまっているようでした。
まぁ、誰にもうつらないんなら良いんですけれどね。
これで「他人にうつってしまうので、極力外出は避けてください」とか言われたら、明日のインテにも行けないし、学校にも行けないしで、ばたんきゅーですよ。
だから本当、この点に関しては良かったと思います。
治療の方も、飲み薬と目薬だけでして、眼帯は装着せずに済みました^^(←ここ重要

まぁ症状も分かって安心したんですけどね?
医者も薬剤師も喋るの早すぎワロタ\(^o^)/
途中、何度訊き返した事か。
大阪の人は喋るの早いっていうけど、京都だって早いじゃないかw


よし、この記事更新したら、ちょこっと調べ事してさっさと寝ようと思います。
明日は待ちに待ったインテですからね!
朝5時には出発しようと思っているので、いい加減寝なきゃやばいんだぜw
当日は、ついったでもあまり呟かないと思います。
最近ケータイのバッテリーの減りが異常に早いですからね。
気力があれば、その日のうちにレポート書きますが、まぁ普通に考えてその翌日でしょうよ。
とりあえず、楽しんでくる!
posted by 爽川みつく at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする