通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2010年02月22日

平成22年2月22日!

今朝、切符を買って一人で驚いていました。
世の中猫の日とかって騒いでいるみたいですね。
今年はすげぇ2が揃いました。
サイト回ってるとニヨニヨします。


さてさて、今日はwowowでバックトゥーザフューチャーが放映されてました。
この事は前々から(具体的には先月辺りから)知っていたんで、そりゃあもう朝からテンション上がりまくりですよ。
暇さえあれば友達に「今日はバックトゥー(ry があるんだよ」と話す程です。
前から何回も観たい観たいと言っていたので、友達はとうとうDVDを借りてきたのかとも思ったそうです。
今回は違うんだよ。
wowowで放映されるんだよ。
でも私はいつかDVDを買いたいと思っています。
だって何回観ても楽しいからね。

ストーリー、演出、音楽と、バック(ryはどこをとっても大好きです。
特にBGMはお気に入り。
あれは本当良いよね。
個人的にはドクのオーバーリアクションが大好きです。
マーティ―の悪戦苦闘っぷりも好きですけどね。
字幕で観てると英語力が鍛えられた気がしますが、でもやっぱり吹き替えの方が観るのは楽だわ。

来月にはパート2が放映されるんですが、だがしかし、放映時間が鬼畜だった。
確か朝の5時とかです。
普通に無理だよ! 夜型舐めんじゃねぇぞ畜生!
パート2のサイド具合は半端ない。
だからそれを思い出しながらパート1を観てるとニヨニヨします。
「ああこの時裏ではこういう事してたんだよなー」とかって。

しかしながら、パート1でああいう終わり方をしておきながら続編を一切考えていなかったというスタッフは逆にすごいよね。
そこから2を、あれだけのクオリティで出せちゃうんだもの。
恒川さんの作品を最近読んだからこう思うのかもしれませんが、作品の中で世界が出来上がってるよなぁ、と思います。
全ての仕組みを考えた上でじっくりと分かりやすく、そして読者を驚かすように伏線を回収していく。
マジこういうの尊敬します。
いつかそういう小説を書けたら良いよねっていう願望も、無きにしも非ず。


さぁて、これから本気出して頑張るかな。いろいろと。
posted by 爽川みつく at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする