「富士見L文庫×カクヨム 美味しい話&恋の話」短編小説コンテストにて、
『レシピのないカレーライス』が受賞作品として選ばれました!
『飯テロ 真夜中に読めない20人の美味しい物語』に収録されています。
特集ページは こちら

2009年12月13日

京都強行旅行〜地獄の下宿探し〜

ただいま京都から新潟への帰路に着いてます。
家に帰ってからパソで更新しようかとも思いましたが、たぶん数時間後には疲れてそれどころじゃなくなっていそうなので、今の内にケータイさんから更新。
順を追って今日の地獄の日程を説明するよ!


まず深夜2時半頃、父に叩き起こされる。
コンタクトは装着していかねば後が面倒なんで、起きてすぐに入れましたが、何故だろう、すごく目が冴えてた。
3時間しか寝なかったのがむしろ良かったのでしょうか。
まぁそんな感じで身支度を整え、出発。
そしてやはり夜中の星空は綺麗だった……。

その後は車で爆睡。
助手席にいたものだから腰やら首やらが少し痛かったです。
ちなみに今回はスピード違反で捕まったりしてません。
今のところは。

休憩もそこそこに、京都に着いたのが9時半頃。
そこから今度は一度大学に行かねばいけません。
一度行った事があるとはいえ、それは去年の話。
運転手である父もすっかり忘れているだろうと思っていたのですが。
父は覚えていた。
少しも間違う事なく大学に到着しましたとさ。
まぁ予約は10時だったので、良いっちゃ良いんですが。

部屋探しは一つ年上のにいちゃんに、タクシーを使って案内してもらいました。
にいちゃんの方も物件やその周辺に詳しいんですが、それよりもタクシーの運チャンの方が詳しかったです(笑)
どこの店の何が美味しいとか、マジで詳しい。
近くに刑務所とかがあったりしたんですが、それについても少し話を聞きました。
運チャンすごいよ運チャン。

大学の近場から、自転車でも結構かかるところまで、外観を見るだけだった物件を含め、5件見てきました。
ちなみに私が前もって目星を付けていた物件は全滅。
全て入居者が決定していました\(^O^)/
べ、別に気にしてなんかないんだから!←

最終的に絞った2件は家賃的にも大学からの距離的にも大差がなく、ものっそい悩みます。
ただ母が、その絞った2件のうち片方の物件にはすぐそこに大人のホテルがあったとか言ってきまして。
私よりも周囲を良く見ていた母に驚きつつ、さすがに近場に大人のホテルがあるのは嫌なので、家賃は若干高くなるけれど、もう片方の物件に決定しました。
まぁ大人の(ry 云々もありましたが、最終的に決めた物件は女子寮かつ大家さんがすぐ隣に住んでるってのが魅力的でもあったからなんですが。
家賃も引き落としの形じゃなく、大家さんに手渡しだそうで。
良いんじゃなーい?←
ただ大学から結構な距離だよ!
自転車で15分、徒歩で30分強!
でも家賃の割に新しい部屋だし広いしで仕方ないと思ってます。
中学生の時は、自転車でどんな日も山道を20分かけて学校まで言ってましたし。
きっと大丈夫。だと信じたい。
何よりの敵は、大学前の坂道ですから。


さぁ家到着まであと4時間!
明日は寝坊フラグとか居眠りフラグとか、とりあえず危険なフラグが立ちまくりだよ\(^O^)/
posted by 爽川みつく at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする