「富士見L文庫×カクヨム 美味しい話&恋の話」短編小説コンテストにて、
『レシピのないカレーライス』が受賞作品として選ばれました!
12月15日発売予定『飯テロ 真夜中に読めない20人の美味しい物語』に収録されます。
特集ページは こちら

2008年11月30日

そして崩壊していく日常

まさか、と言うよりはむしろ予想通りと言いますか。
私ならもう自然の摂理みたいなものです。
それはもうきちんと図書室から借りた本を読み終えて、あまつさえアマゾンから届いた小説にさえも手を出しましたとも。
そしてその小説も、もう半分は読んだんじゃないかな!
お陰様で昨日よりも勉強してません、本当にありがとうございました。

机の上は雪崩が起きていて部屋は本で溢れてる…。
うん、とりあえず勉強できる最適な環境とは言えませんね。

3日後はテストだとわたわたしてますが、気がつけば11月が終わりです。
11月は冒頭に演劇の大会があって、その後すぐに数学の小期末があり、それが終わって一息ついたと思ったらもう終わりです。
2学期は時間の経過が激しく早いです。
アインシュタインも驚きの早さです。

12月はテスト終わったら特にイベントフラグはないので(原稿の〆切はあるけど)、楽に構えていきます。
テストが終わったらね。
posted by 爽川みつく at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

自己管理能力の限界へ

テスト前最後の休日ですが、勉強時間は4時間くらいと少ない爽川です。
どうしようもないですね。
学校の図書室から借りた本の返却日が近いのでそれを読んだり、余裕で昼寝をしましたし。
いやでも昨日なんだかんだできちんと届いたアマゾンからの小説はまだ読んでないので上出来です!
…と思いたい。

しかしテスト期間特有の部屋掃除したい衝動にかられて少し部屋をあさったら、昔書いた小説が発掘されました。
なんか…………………うん。
月日の流れってすごいですね!
そんな風に思いました。
あの頃に比べたら、少しは成長しているものだと信じたい。
自分で自分の物は正確に判断できません。特に小説は。
自分で書いた訳だから、自分は理解できてますからね。


なんてもんもんと考えてますが、そもそもテスト前に考える事じゃないのは確かだな。
posted by 爽川みつく at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

優先順位の大切さ

改めて確認しますが、今、私がすべき事柄はただ一つなのです。
期末テストに向けた勉強。
横道に逸れてる余裕なんてどこにもありません。
……………なのに。
どうして年賀状の絵の構図とか小説読んだり書いたりとかアニメのDVD観たいとか考え始める自分がいるのか、不思議で仕方ありませんね。←

追い詰められればられるほど必死に横道に逸れていくのです。
漫画読み出したら止まりません。
明日はきっとアマゾンから本が届くでしょうから尚更。

大丈夫、土日があるから!
posted by 爽川みつく at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

見える限りの世界

振り替え休日のおかげで今日は月曜日気分です。
だから週末に「あー今日まだ木曜日……ん? いや待て金曜日じゃないかキャッホウ!」みたいになる事を期待してます。
というよりは、そうでないとテスト前のこの時期はやってられません。

テストが終われば文芸部の締め切りがあって、それはそれで苦しめられますけれども。
でもそういった苦しみならまだ良いんです。
学力的な限界を知らずにすみますから。
自分の浅学さは分かっちゃいますけど。
スランプに陥らなければ大丈夫なんじゃないでしょうか。

明日からテスト1週間前なので、パソは基本的に禁止としてテストに立ち向かいます。
とか言ってますが、今日もアマゾンで買い物している私はきっと現実から逃げたいんだと思います。
posted by 爽川みつく at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

幸せは長続きしないのなんて知っている

日付だけ見れば、本日2回目の更新となるのでしょうか。
確か今日の夜中に寝ぼけまなこで更新した気がします。
目の充血は本当に痛かったです。
今日の朝、目を確認してみたらやっぱりまだ充血が残っていたのであしからず。
睡眠は十分にとっているはずなんですけれど、今日はヒーロータイムを見るという使命感で爆睡できた気がしません。
というよりは昨日、ルームオブキングを見ようとして粘った結果逆に力尽きて放送中は爆睡するという失態をかましたので、1時間は仮眠をとっていたのですよ。
だから深夜に更新した後にすぐ電気消して布団に入ったのですが、仮眠効果で1時間は寝れなかったかな!←
2時に寝たからぶっちゃけ今日は昼寝したくて仕方ありませんでした。
が、この調子で連休中にずっと昼寝してると、きっと連休明けに授業中で死亡フラグが立つので、今日は我慢我慢。
席替えをした事で周りの人間関係がある意味リセットされてしまい、簡単にノートを借りる事が出来ない事態に陥ったら嫌ですからね。
この時期居眠りは禁物です。
テスト前です、し………。

いや、だからこそ!
テスト前だからこそ、私は遊ぶのです。
漫研の原稿をして、読書して、漫画読んで……。
放っておくと毎日こんな感じで生活している私は果たして大学生になってから生きていけるのだろうか。漠然と不安を感じます。
勉強は1週間前からが勝負ですよ、きっと。
ぶっちゃけ今回のテスト悪いといろいろマズい教科があったりなかったりしますが、そんなのは1週間前(ry

ついに明日が3連休最終日で、時間の経過は本当早いと思わざる得ないですけど、明日は妹の誕生日と言う事でケーキが食べられます。
今月はやたらとケーキが食べれて幸せです。
うん、テストが無ければもっと幸せかな!←
posted by 爽川みつく at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すこし吐き気だってする

ルームオブキングを観る為だけに、やたらと眠い中コタツと共に頑張ってきたのに、気がつけば番組が終わってしまった件。

コンタクトしたままの爆睡だったので、目の充血がすごい事になってます。

一度爆睡してしまったので目は覚めたのですが、これで漫研の原稿とかしてると明日のヒーロータイムに間に合わなくなるという理由から爽川は寝ます。

おやすみなさい。
posted by 爽川みつく at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

刺すような寒さ

2〜3cm

雪が積もりました!
流石雪国ですね。
朝から雷やら霰やらで天候最悪でしたが、その結果で雪が積もったなら概ね満足です。

画像は貰い物。
私の携帯では辺りの暗さしか写せそうになかったので…。
もうちょい画質が良い携帯だったら良かったのにと今さらに後悔してます。

さておき上の画像を撮った時は確か殆ど霰が積もっていたのですが、暫くするとふわふわした雪が降ってきました。
まだ11月中旬なのにこれだけ降って、あまつさえ2、3cmくらい積もっちゃうといろいろ不安になります。

何より足が寒い。
寒いというよりはむしろ痛い。
防寒をきちんとしないと風邪フラグが早々に立つ季節になってきました。
posted by 爽川みつく at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

冬の到来を伝えるにはあまりに暴力的だ

11月もそろそろ半ばですが、ついに冬に突入の時期っぽいです。
まだ早いよ! と思ってたのですが、最近パソ使えた関係で自分の過去ログあさったら、案の定去年の今頃も冬突入だったみたいです。
雪国ですからね。
夏の到来は遅くとも冬の到来は早いのです。
東京の感覚で物事考えちゃいけません。

まぁそんなこんなで、昨日辺りからついに霰が振り始めたそうなのです。
私自身、目撃はしているものの遭遇はしていないのですが。
寧ろ遭遇したくありませんけど。
強風と共に霰はやって来て、痛みを植え付けて去っていきますからね、奴らは。
今日の朝と帰りに実際に降っているのですが、その前には既に安全である学校あるいは電車にいる運の良さ。
こういう所で運を使うから、じゃんけん弱いんですよきっと。←


今日は残念ながら携帯からの更新ですた。
タイピングしたいけど、携帯の予測機能って本当便利だと思う。
posted by 爽川みつく at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

言って良い事悪い事

今まで長々と文章を書いていたのですが、何かの手違いですべて消えました。
もう一度同じ文章を書くのなんて面倒で仕方ないので、本題だけ。
本当はもっと回りくどく色々書いていたのですけどね。

本日、漫研の締め切り日だったのですが、壮大なスランプに陥った私はみんなに混じって原稿をやれず、一人で診断系統のサイトを巡って遊んでました。
最終的には周りの人も巻き込みましたが。
その中から一つピックアップ。

「遺伝子チェッカー」 ttp://seibun.nosv.org/dna/


診断結果

確かこれは本名でやった結果です。
爽川みつくでやったらミミズが大半を占めてましたけれど。
哺乳類が全くいない事実に絶望して、周りの友達巻き込んで診断していたのですが、私以外の皆様は哺乳類が出るんですよね、何故か。
きちんと「人」が出た方もいらっしゃいます。
ヘビ……。
バッタ………。
posted by 爽川みつく at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

絆創膏使用頻度E

オカシイのは僕なんだ。
家族(みんな)はどこもオカシクない。
周りと違うのなら、合わせれば良い。
それが、まともに生きていくコツだ。
それなら、合わせるのはどっちだ?
家族が僕に合わせるのか。
僕が家族に合わせるのか。
答えはあってないようなものだ。
家族(みんな)は僕を食べたいんだから。
 


意識が戻ったのと、鼻が異臭を脳に伝達したのは、ほぼ同時だった。
異臭。
それは、生き物の中身みたいな臭い。
生臭くて、鉄臭くて。
いつも静かなテレビは、こんな時だけうるさくて。

「嗚呼、起きたのか。弓良」
「思っていたよりも早くて安心したわ」
「ねぇ弓良。あんたもこっち来たら?」
姉貴に言われて、僕はみんなのいる場所へ、ふらふらと近付く。
一つの死体を囲って食事をする、家族の下へ。
「さっき死んだばかりだから、鮮度はあるんだけどね。やっぱり中年男性は美味しくないな。脂っこい」
口の周りを真っ赤な血で濡らした姉貴は、僕に言う。
見れば、死体はみんなによってほとんど骨だけになっていた。

散らばる肉片。
広がる悪臭。
狂った心。

「駄目よ、玲華(れいか)。好き嫌いをしては」
「その通りだ。もったいないだろう」
立ち尽くしていた僕に、父さんは出刃包丁を持って近付いてきた。
「………………………」

逃げようと思えば、逃げられるけど。
そんな事したら、僕は家族じゃなくなってしまう。
だから、僕は逃げない。

「弓良、分かってるよな?」
「………うん。大丈夫だよ、父さん」
父さんから渡された出刃包丁は、いつもよりずっしりと感じられた。
「弓良は若いし、部活してるから引き締まってるだろうなぁ」
うっとりと、姉貴は僕を見る。
「今食べた男の人よりは、膏(あぶら)、少なそうだものね」
母さんは、ここ最近ずっと機嫌が良いな。
ぼんやりと、そんな事を思う。

「もったいないことは、しないでね」

出刃包丁を握る右手に、震えはない。
恐怖? 
そんなもの、家族に対して感じる方が狂ってる。
大体、みんなは僕に対して必死に救難信号を発していたのに、気付かなかった僕が悪いんだ。
気付いていれば、こんなコトにはならなかったのかもしれない。

後悔は、嫌いじゃない。
その所為で、後味が悪くたって、別に良いじゃないか。
その裏で、オイシイ思いをしている人がいるんだから。


「それじゃあ、ご飯の時間です」





--------------------------------------
以上をもちまして、『絆創膏使用頻度』は終了です。
サイトの方で閉鎖宣言を出しましたが、きっとこのブログだけは続きます。
小説をこっちで載せるかはまだ決めてませんが、とりあえずこれが最後に載せる小説かもしれないって事で。
小説は完全にオフで作業を進めていこうという方針です。

posted by 爽川みつく at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絆創膏使用頻度D

次の日。
部活で全体力を使いきり、くたくたで帰ってきた僕を迎えたのは、席について僕を待っていた家族と―――食卓に並べられた、大量の肉料理だった。
「どうしたんだ? 弓良。早く座りなさい」
珍しく苛立った、父さんの声。
「そうそう。あたしだってお腹すいて限界なんだから」
輝いた目をした、姉貴。
「ほら、昨日よりも母さん、腕によりをかけて作ったのよ。早く食べましょう?」
いたずらに笑う、母さん。
「あ、あぁ。うん」

家族の笑顔。
音一つ出さない、電源を落とされたテレビ。
そして、家中に広がる肉の臭い。
日常の中に、一つだけ際立っているモノがある。
気付いていない家族と、気付いてしまった僕。
                    オカシイノハドッチダ?

「ねぇ、こんなに肉食べて、みんなは大丈夫なの?」
「変なコト言うね、弓良は」
「本当。部活で疲れてるんじゃない?」
「ほら、しっかり食べるんだぞ」
「…………………………」
なんで。
なんで僕を心配してくれる家族の言葉に、寒気を感じるんだ。
                    オカシイノハボクナノカ?

「今日は……いいや。晩ご飯、いらない」
食欲が失せてしまう程の恐怖が、僕を襲う。
「駄目よ。弓良の分もきちんとあるんだから。食べてもらわないと」
「母さんの言う通りだ、弓良。食べられる為に死んでいった命が無数にあるんだ。もったいないだろう」
「…………………………」
右手の傷が、痛む。どくどくと、血が出ているんだ。
「ん? 弓良。あんた、また怪我したの?」
「怪我………?」
「ほら、首のところ。切り傷みたいだけど?」
「また、紙で切った………んだと、思う」
全く身に覚えが無い傷に、触れる。
やっぱり。
どくどくと、血が、流れていた。
「それくらいの傷なら、絆創膏で大丈夫ね」
そう言うと、姉貴は呆然と立ち尽くしたままの僕に、絆創膏を貼った。
貼る直前、ぺろりと血を舐められたのは、気のせいに違いない。
                 ボクハナニニオビエテイルンダ。

「じゃ、食べよっか」
無理矢理に、座らせられて。
『いただきます』
食べ始める家族(みんな)の顔に、いつもの笑顔はなくて。
そこに在るのは狂気的な笑みばかりだ。
                モウコタエハワカッテルンダロウ?

頭の中には、もう答えを導き出す材料が揃っている。
半ベジタリアンの家族。
大量の肉料理。
消える死体。
ただ、僕は考えたくないんだ。
考えてしまったら、答えが出てしまうから。
家族が壊れるのは、嫌だから。僕には、この繋がりが大切だから。

だから。
だから。
だから―――



僕は気を失った。
posted by 爽川みつく at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまにはブログっぽいこととかしてみようじゃないか

相も変わらずパソでタイピングできる喜びに浸ってます。爽川です。
小期末も終わったし、あと1週間くらいは勉強に怯える事なく日々を過ごせそうです。
…まぁ、明日には数学の小期末の結果が返ってくるけどな!←

さて、そんなリアルな事はさておき。
久方振りに、なんかブログっぽいっていうか、パソから更新したぜ! みたいなのをやりたいが為に診断とかしてみました。
決して今日一日家に引きこもってて全くもってネタが無いとか、そんな訳じゃあありません。
そんな感じで、「アナタノレシート」。


爽川みつくさんのレシート

霜降りのもも肉 238,000円
精密機械の指 220円
握りたくなる手 25,000円
お笑いの素質 9,800円
霜降りの皮下脂肪 200,000円
ファッションセンス 12,800円
表裏の無い性格 885,000円
猫背 62,000円
--------------------------------
合計   1,432,820円
--------------------------------

お買い上げありがとうございました

アナタノレシート
しんだんぱんだ http://sindanpanda.com/


ふっ…………。
私の体格をよく知ってるじゃないか!
posted by 爽川みつく at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

これは………!

久々にパソからの更新です。
久しぶりすぎてタイピングが全くもって出来ないのはもはやお約束。
このわずか2行でもタイプミス激しすぎます。
慣れって大切ですね。
最近はどうやらパソ様の調子がよろしいようなので、テスト期間で追い詰められないうちに、存分にパソを満喫します。


さてそんな訳で、久しぶりに長文記事が書けるかな、という心境にあるのですが。
たった今、塾の帰路にてツンデレ猫に遭遇したのです。
なんか白い塊がいて、もしかしたらと声をかけてみれば、とてとてと猫がやってくるではないですか!
そして私の目の前で毛づくろいをし、あくびをし、撫でてもいいよと言うように近寄ってきやがって、近くで不審者が出るとか出ないとかで騒いでいるのにこれじゃあ私が不審者だwww みたいな状況に陥ってました。
もう撫でてあげた時の表情がたまんないです。
お腹を見せてにゃあにゃあ鳴いててすんごい可愛いんです。
その割にお腹を撫でさせてくれませんが。
むしろ「何するのよ」的な視線で見られましたが。

という旨を弟に自慢したら、まだ警戒心があるのではないか、と言われました。
警戒心……。
ツンデレ猫と知り合ってそろそろ1年くらい経ったと思うんですけれど、やっぱり触れ合う時間が数分だけだと限界があるようですねぇ…。
いやでも!
京都に行くまで、つまりは高校を卒業するまでにはお腹を撫でさせてもらえるくらいに仲良くなってみせます!
達成感に浸って京都に行きます。


さーて。
久しぶり久しぶりと連呼したパソからの更新でしたが、ここまで記事を書いた時点で半端ななく手が痛いです。
これだけの長文をタイピングしたのなんて、もう何ヶ月ぶりなのでしょうか。
変換方式が携帯で染み付いちゃってて、ちょっと予測機能に期待する私がいます。
慣れって大切だけれど、同時に怖いものだ。

さてさて明日は部活のメンバーとカラオケです。
真面目に曲のレパートリー少なすぎて、これでは明らかにイエローゾーンというよりレッドゾーンなので、今日はこれから必死に歌詞見てなんとか曲を頭にいれて明日に備えようと思います。

手、痛い。
posted by 爽川みつく at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

でもやっぱり死にたいとは思えない

大会の打ち上げ記念

無事に大会が終わったのと、数学の小期末お疲れさまでした的な意味を込めてのケーキ。
ケーキ代は中間考査のダービーの敗者負担で。
美味しゅうございました。

まぁそんな訳で数学の小期末があったのですけれど。
例によって例の如くですが、4日前からドラマ観つつ勉強していたので、テストはもうズタボロです。
半分取れたら自分良く頑張った! ってくらいに酷いです。
赤点とったらもれなく冬休みの補習ライフが始まるよ!←
現在書いている小説で、主人公が現代文と英語以外は全て赤点だぜー的なネタがあるのですが、明日は我が身って本当ですね。
今はもう、赤点じゃない事を願う事しか出来ません。


とりあえず、漫研の原稿するかな!
トーン貼るぜー。
posted by 爽川みつく at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

試練

結局寝る時間がいつも通りなのに疲れは殆どとれない所為で今日も授業中は死んでました。
声の方も相変わらずです。
やたらとのど飴を恵まれました。
客観的にみると結構酷いみたいです。

ゆっくりとした休日が恋しい。
早く来い日曜日!
数学の小期末も早く終わらせよう。
分からないもんは分からないんで。


本日は母が社員旅行でいないので、我が家は大騒ぎです。
ウチの男どもは何を言っても何もしない輩なので、私と妹が頑張るしかありません。
どれだけ母に頼って生活が成り立っているのか、ある意味分かる瞬間でもありますね。

とりあえず。
私は明日の朝、起きれる気がしないな!
posted by 爽川みつく at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

忘れたままなら良かった

予想通りというよりは予定通りに声が枯れた爽川です。
これは酷い。
悪化しないと良いのですが。
せめて今週末までには治らないとカラオケ行っても800円分を無駄にしそうな勢いです。
それくらい喉だけが調子悪いです。

疲れが溜まっているのは分かりますよ。
中間考査に修学旅行、学園祭準備に土日をフルに使った部活。
県大会までよく頑張ったと思います。
自分にそれだけの体力があったのだと少し感動しました。
声は枯れましたけど。
でも予想よりは軽い軽い! なんて思っていたのも束の間。
放課後になって腹下しました。
ストレスが限界だったのか、疲れがクライマックスだったのか。
どっちにしろ、それで放課後に地獄を見たのは確かなのです。

とりあえず、今日は寝る。
寝れば治る!
posted by 爽川みつく at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

文章だけの会話って難しいね

無事に大会が終わり、ただいま帰りの電車の中でございます。
家に着いてから、落ち着いてゆっくりパソから更新しようかとも考えたんですが、もういい加減疲れてましてもうそんな余裕は私にはないだろうと踏んでいつも通り携帯からの更新です。

疲れの大半は、昨日の更新後にも出没しやがったカメムシの所為です。
気がつけばいるんです、奴らは。
夜中の1時に天井にいた時は部屋のメンバーみんなして叫びました。
かなり迷惑な団体です。
でも奴ら怖いから。
窓にわらわらいた時にはもうどうしようかと。
しかも出没ポイントが殆ど私の寝床周辺で泣きたくなりました。
いやでも部屋のメンバーがカメムシに恐怖して引っ付いて寝る中、私だけは一人悠々と布団で寝てました。
カメムシに対する私の恐怖心はそんなものです。
会わなければ怖くありません。
実際、夜中の激戦後は遭遇しませんでしたしね!

そしてそんな危険と隣合わせな宿も、もう泊まる事はありません。
大会はあっという間に終わったんです。
今日はカメムシのいない自分の部屋で眠れます!

明日から学校で今週は数学の小期末があるから若干枯れてる声が悪化するんじゃないかと危惧してたりします…。
posted by 爽川みつく at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

耐性だってつくさ

大会1日目にしてお泊まり2日目ですよー。
宿が結構な年月を経た日本家屋だからか何なのか分かりませんけれど、ともかくカメムシがすごいです。
3匹も気配なく出没すると、もうみんな耐性がついて対策も冷静になっちゃいます。
とりあえず紙テープ神。
奴を見る事なく触る事なく駆除できちゃうのですよ。
建物の造りもご飯も気にいってるのに、カメムシが全てを台無しに………orz
明日の朝でこの宿ともお別れになるので、それまで私の顔面に突如として現れなければ問題無しです。


本番もアナウンスミスしましたが、まぁそれくらいですし昨日も書いた通り役目の半分は昨日で終わっちゃってますので。
みんな笑ってくれてたし、楽しい舞台でした。
やっぱり裏でドタドタしましたけれど、でもこれが青春だと思います。

明日は電車の関係で結果発表まで観れませんけれど、でも個人的には満足です。
お泊まり楽しかったよ!

posted by 爽川みつく at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

これで私の役割の半分は終わったのです。

演劇の県大会が明日なので今日はリハーサルです。
前回の地区大会のリハーサルはズタボロずきて笑いたくなりましたので、今回は念には念をいれました。
結果、ほぼ時間通りに出来たので、もう殆ど県大会での私の役割は終わったも同然です。

明日は本番ですよー。
泣いても笑っても満足できるように全力でサポートをします。
posted by 爽川みつく at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

泣いて叫んで赦しを乞うて

2ヶ月待ちました。
9月の冒頭から今日まで、ほとんどと言って良い位の長期間を、見事私は耐え抜いたのです。
ありがとう。
全ての偶然と必然に感謝です。

ツンデレ猫に久々に会えた上にきちんとツンデレってくれましたよ!!
始めはぼーっとしてた猫が私に気付いたらニャーと一言。
その後自身の世界に入ったっぽかったので別れを告げてその場を去ると、じぃっと私を見守ってくれたのですよ!!!!!!!!!!!!!!!!(落ち着け


これを糧に、創作を頑張ります。
別件で書き始めた長編もどきが案外調子が良くて、それはそれで嬉しいんですけれど、漫研の原稿が全く進まないのは一体どういう事でしょうか。
バランスを保ちたいです。
posted by 爽川みつく at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする