通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2008年07月18日

幸福か不幸かなんて誰よりも知ってる

真面目な話、髪を切ってバイトを探したい。
夏だし。
思い切って、こう、ね。
せっかくの夏を有効活用しない手はないと思うのです。
もうすぐ夏休みですから、燃えたい。
無駄にならない程度に。


閑話休題。
父のおかげで我がきょうだいは裏であっかんべーする習性が備わっております。
つまり、相手と話している時には良い顔をしていて、相手がいない時に愚痴るという最悪パターンです。
父の性格がアレですからね、きっと自然の流れです。
というか父の所為。

だから私も例に漏れず、裏表が激しいです。
父の前ではもう本当お前誰だってくらい良い子。
京都へ行くまでの我慢。

ですが、いや、当たり前の話、友達の前では普通。
「爽川みつく」として、私は私の人格そのもので対応してます。
時と場合によってテンションの上がり下がりが激しいですが、その辺りは生きていく方法みたいなものでしょう。
価値観の違う人とは面倒だけど、世界観の違う人とは話しにくい。
だからだと思うんです。

全ては京都に行く為。
あと少しの辛抱。


どうせもうそろそろだしね。
居ても居なくても良いんじゃない?
あと数ヶ月。
過去記事を読み直したら、私は相当参っていた。
posted by 爽川みつく at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする