通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2008年07月17日

最高気温33℃

暑さで人は死ねると思いました(突然

基本的に今日は気温が高くて、朝から汗だくとか久しぶりに味わいました。
いつもなら早い時間帯の電車に乗るんですが、なんとも素晴らしいタイミングで寝坊してしまい、太陽がじりじりと照らし始めた時間に自転車漕いで駅まで行きましたとさ。
電車も満員だから余計に暑さ倍増。
学校まで駅から徒歩5分を改めて喜びました。

が、本日午前2時間はクーラーのない生物室で顕微鏡との対決。
生物室のネズミ(尻尾長い赤い目をした奴ら)で多少は癒されましたけど。
なんで夜行性がこんなに活発なんだろうとは思いましたが、ひっくり返って寝ていながらに餌を頬袋から出して食べてる我が家のハムスターと比べたら、生物室のネズミ達は素晴らしいと思います←

ちなみに顕微鏡はコンタクトしてるからなのか知りませんが、やたらと目が疲れました。
裸眼がやっぱり一番良いんですよね、本来は。
いや、私が裸眼で活動なんて、もう出来たもんじゃないから無理なんですけど。
憧れはします。
裸眼で過ごした小学4年生までの人生を、ね。


京都まであと2週間だけど、マジで父と2人旅が嫌になってきました。
でも3連休明けはDVD発売だから耐える。追記
posted by 爽川みつく at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする