通販始めました。
匿名配送を利用しています。お気軽にご利用ください。
https://outschool.booth.pm/

≪取扱作品≫
・長編『宇田川社警護部特殊警護課K班 -再試行&再生&再利用-』
・短編集『それはつめたくてあたたかいもの』

2006年10月09日

夢物語?

昨日、「チャーリー○チョコレート工場」見て、「あ○み」見て寝た所為なのでしょうが。
恐ろしい夢を見ました。




始まりは、雪合戦。
何故か雪合戦をします。
必死でした。

その後、チョコレートばかりの店で、チョコを買っていきます。
何故か西尾さんの小説(主にりすかあたり)がたくさんあったりとかした後、お会計。
万引き容疑をかけられました。
間違いでしたけどね。

店から出ると、一緒に来ていたらしい、男の人が2人、私(かどうかは不明。多分そうだと思う)を待っていました。

「おー。やっと来たねー。」

そんな言葉で迎えられ、駅で電車を待ちます。
電車に乗って、何処かの駅で降りて、今度はバスを待ちます。
バスに乗ったら、行き先が違うことが判明。
速攻で下ります。

そしたら何故か、一緒にいた男の人がどちらとも、忘れ物をしたと言いました。
ので、私と別行動に。

此処で、何故か視点は男の人へ。
私はどこかに放浪し始めます。

片方の男の人が、バケツの苦労がどうのこうの言ってて、結構感動できる内容だった気がします。
覚えてませんけどね。

と。
再び視点は私に戻り。
何故か何処かのビルに忍び込みます。
あの男の人たちも一緒です。
私は何故か、もう一人、女の人と一緒でした。

なんか、こう、悪の本拠地的なところらしく、殺し合いが始まりました。
鎌を持って、相手が向かってきます。
それに対応したのは、片方の男の人。

「お前は先に進め! ここは俺がなんとかするから!!」

で、私と女の人は上の階へと進みます。
途中、何度も殺し合い。
鎌を持った人が、たくさん出てきました。

最上階に着いた時。
異変が起きました。
首あたりを手で押さえました。

その瞬間。
一緒にいた女の人の首が切れました。
一直線に、ばっさりと。
ぼとりと落ちた首は、丁度私の両手におさまりました。
首の切断面も、見た気がします。

窓の外を見れば、大きな鎌が、置いてありました。




そして私は、目が覚めました。

いくらなんでも影響されすぎだろう。
たしかに「○ずみ」で首が斬られるシーンはあったけどさ。

ぐろい夢だった……。
posted by 爽川みつく at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする